太陽光パネルリサイクル装置専門サイト 【PVまるっと.jp】 » 太陽光パネルリサイクル装置導入前に知りたいこと » 太陽光パネルリサイクル装置の導入事例

太陽光パネルリサイクル装置の導入事例

目次

太陽光パネルのリサイクル事業を展開する企業の中から、使用装置について記載している企業を紹介します。導入事例をもとに、自社に合ったリサイクル装置の導入を検討してみてください。

クリーンライフ

PVリサイクルハンマー

クリーンライフ株式会社では、チヨダマシナリー製の「PVリサイクルハンマー」を導入しています。被災した廃棄パネル・不要になった廃棄パネルの処理のために、不法投棄撲滅に向けて太陽光パネルリサイクル事業に参入。

特許取得技術でパネルを温めて破砕するので、割れ・変形している太陽光パネルも難なく処理できます。また、装置がセパレートしており、アルミ枠分離装置とガラス分離装置を分けて導入でき、省スペースでの設置を実現しています。

参照元:環境機器・WEBカタログ(https://www.fjtex.co.jp/kankyo/works/crusher/w102

PVリサイクルハンマー
(チヨダマシナリー社製品)について
詳しく見る

J&T環境

PVリサイクルハンマー

J&T環境株式会社では、チヨダマシナリーの「PVリサイクルハンマー」を導入しています。フレーム分離・ガラス分離の機械を導入し、ガラス・バックシート・アルミ枠・端子ケーブルのリサイクルを行っています。

1日240枚を処理できる処理能力を有する、リサイクル工場を2022年12月より運用。ガラスは、カレット状に破砕したものをリサイクルしています。北関東自動車道伊勢崎ICから15分と、運搬効率に優れたエリアに進出しています。

参照元:【PDF】J&T環境株式会社公式サイト(https://www.jt-kankyo.co.jp/topics/221124_太陽光パネルR工場本格稼働プレスリリース.pdf

PVリサイクルハンマー
(チヨダマシナリー社製品)について
詳しく見る

水海道産業

ガラスわけーるⅢ型システム

水海道産業では、環境保全サービスの「ガラスわけーるⅢ型システム」を導入しています。異物を除去したガラス採取が可能な点から、システムを導入することを決定。月に1,000枚程度のリサイクルの受け入れを行っています。

一体型となっているシステムで、金属探知機・色識別ソータ―・風力選別機といった、純度の高いガラスを分別できる装置を搭載しています。

参照元:新エネルギーシステム公式サイト(http://www.newenergy-news.com/?p=23816

ガラスわけーるⅢ型システム
(環境保全サービス社製品)について
詳しく見る

高良

ガラスわけーるⅢ型システム

高良は、環境保全サービスのガラスわけーるⅢ型システムを導入しています。2021年10月より運用を開始しており、ガラスの選別機を使用して純度の高いガラスを採取。

創業から100年経過するノウハウを活かして、太陽光パネルリサイクル事業に参入しています。アルミ枠・ガラス・バックシートに分離し、解体部材を全てリサイクルしています。

参照元:高良公式サイト(http://www.takaryo.co.jp/solarpanel.html

ガラスわけーるⅢ型システム
(環境保全サービス社製品)について
詳しく見る

太陽光パネルリサイクル装置の導入を検討しませんか?

太陽光パネルをリサイクルするなら、外注するよりも自社内で処理する方が大量かつコストを抑えて処理できる太陽光パネルリサイクル装置の導入がおすすめ。自社内で完結するには、早く部材を分離できるリサイクル装置を選ぶと良いでしょう。

本サイトでは、太陽光パネルリサイクル装置を選ぶコツや、おすすめの製品を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

太陽光パネルリサイクル装置について
詳しく見る

太陽光パネルリサイクル装置の
形状と特徴の違い

「アルミ枠剥離機能」と「ガラス剥離機能」がカギ

太陽光パネルリサイクル装置は、アルミ枠を剥離する「アルミ枠剥離機能」 とガラスとバックシートを剥離する「ガラス剥離機能」が必要です。

太陽光パネルリサイクル装置は、これらの機能が別になっている「分離型」と全て一体 になった「一体型」があり、それぞれ特徴があります。 工場の規模や目的に合わせて選択しましょう。

安さ・省スペースを求めるなら
分離型
分離型イメージ

(※)製品イラストはイメージです。

「アルミ枠剥離装置」と「ガラス剥離装置」の別々に使用する方式。アルミ剥離後にガラスを剥離する際、太陽光パネルを手動で移動させる必要があります。

メリット
  • シンプルな構造のため低価格で導入可能
  • 2つの機能を連携させるパーツがないため、小さいサイズの装置が多い
デメリット
  • パネルを装置間で移動させる必要があり、手間が発生する
  • シンプルな構造のため自動化されている機能が少なく、素材の回収等の手作業が多い
作業の効率化を求めるなら
一体型
一体型イメージ

(※)製品イラストはイメージです。

「アルミ枠剥離機能」と「ガラス剥離機能」が一体になった装置。パネルを持ち運ぶことなく、最終処理まで一貫して行えます。装置により、多少のパネル移動を行う必要があります。

メリット
  • パネルを移動させる手間がなく、最終工程まで処理可能。
  • 作業工数が少ないため、大量処理が容易
デメリット
  • 自動化されている機能が多く複雑な構造のため、費用が高い
  • 装置が比較的大きく、工場の規模によって導入できない場合あり
ピックアップ関連記事