太陽光パネルリサイクル装置専門サイト 【PVまるっと.jp】 » 【特集】低価格・コンパクト・容易な操作性が揃った太陽光パネル破砕機とは

【特集】低価格・コンパクト・容易な操作性が揃った太陽光パネル破砕機とは

目次

太陽光パネル破砕機とは

太陽光パネル破砕機とは、「太陽光パネルリサイクル装置」とも呼ばれています。 太陽光パネルを装置に投入し、処理することで、端子ボックス・アルミ枠・ガラス・バックシートに分別されます。

2022年5月には、環境省が使用済みパネルのリサイクルを義務化する検討に入ったと発表。今後の太陽光パネルの廃棄量増加に伴い、産業廃棄物処理業者を中心に、装置の導入が進んでいます。

参照元:新電力ネット公式サイト(https://pps-net.org/column/106310)

低価格・コンパクト・容易な操作性が揃った装置の製品動画を見る

太陽光パネル破砕機の導入は今後加速傾向に

2030年問題
画像引用元:マネーポストWEB
https://www.moneypost.jp/910468

太陽光パネルは2012年7月に開始された固定価格買取制度により、事業参入する企業が増えたことで、急速に普及しました。太陽光パネルの耐用年数は20~30年ほどとされており、2030年には2020年廃棄量の約10倍の廃棄量、さらに2040年には、280倍以上にも膨れ上がる見込みです。

太陽光パネルの廃棄量増加に対応するため、太陽光パネルリサイクル事業を新たに展開する企業が増加しています。

低価格・コンパクト・操作が簡単な太陽光パネルリサイクル装置
「PVリサイクルハンマー」とは

太陽光パネルリサイクル装置の目安価格は数千万円~数億円。初めて導入する企業にとって、使いこなせるか不安な企業も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、低価格・省スペース設置・誰でも操作できる「PVリサイクルハンマー」を紹介します。

PVリサイクルハンマーの手順動画はこちら▼

PVリサイクルハンマーの特徴

2030年問題
画像引用元:チヨダマシナリー公式HP
https://chiyoda-machinery.co.jp/cate1/product7/

1度の処理でほぼ全てのガラスが剥離可能

PVリサイクルハンマーは、従来製品の課題であったガラスの剥離精度を格段に向上させた製品です。

加熱した太陽光パネルをハンマーで叩く独自の工法「打撃ハンマー工法」を採用。1度の処理でほぼ完全にガラスを剥離することが可能です。

純度の高いバックシートは、有価取引が期待できます。

シンプルな構造だから低価格・省スペースの設置が可能

PVリサイクルハンマーは、アルミ枠分離装置とガラス分離装置が分かれている分離型装置です。

これらが一体になっている装置も存在しますが、分離していることにより構造がシンプルになるため、比較的低価格かつ装置のサイズが小さいことが特徴です。

さらに必要な機能のみ自動化することで、費用を抑えています。

誰でも操作できるほど簡単

PVリサイクルハンマーは、操作性が良く、誰でも操作できることが特徴です。

オプション機能にて、パネルを一人で持ち上げられる「吸着式パネル搬出装置」を設置できます。

チヨダマシナリー公式HP
から問い合わせる

電話で問い合わせ

PVリサイクルハンマー開発メーカー「チヨダマシナリー」の展望とは

PVリサイクルハンマーは、株式会社チヨダマシナリーが開発・販売しています。

太陽光パネルリサイクル事業が徐々に展開されている中、当サイト編集チームは、株式会社チヨダマシナリー代表取締役 山下様にお話を伺い、PVリサイクルハンマーを開発した経緯や、今後の展望について伺いました。

導入ハードルの低いPVリサイクルハンマーだからこそ、貢献できることがある

チヨダマシナリー代表 山下様
チヨダマシナリー代表 山下様

従来のリサイクル装置は、サイズが大きく大がかりな設備だったため、比較的大規模な企業を中心に導入が進んでいました。しかし、太陽光パネルの廃棄処理を請け負う産廃業者様は、国内に多数あります。

太陽光パネルリサイクル事業は、企業規模に関わらず参入できると考え、低価格で製品サイズが小さく、使い勝手のよいPVリサイクルハンマーを開発しました。

PVリサイクルハンマーは、これからさまざまな使い方ができると考えています。アルミ枠分離装置とガラス分離装置が別になっているため、トラック等での移動も容易に行えます。例えば大規模な太陽光発電施設にアルミ枠分離装置だけ設置し、撤去時にアルミ枠だけ外した状態にしておけば、運搬時には一度に大量のパネルを運ぶことができ、運搬コスト削減にもつながるのです。

今後は太陽光発電を設置する企業様など、幅広い業種の方に導入していただき、業界全体で太陽光パネルリサイクル事業を推進できればと思います。

当サイト編集チームより

PVリサイクルハンマーの魅力、チヨダマシナリーの想いに触れることができました。

チヨダマシナリーでは、本社工場にて製品見学を行うことができます。気になる方はぜひ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

チヨダマシナリー公式HP
から問い合わせる

電話で問い合わせ

チヨダマシナリーの会社情報

会社名 株式会社チヨダマシナリー
所在地 埼玉県北葛飾郡杉戸町本郷638-1
営業時間/休日 記載なし
電話番号 0480-33-1211(代)
公式HP URL https://chiyoda-machinery.co.jp/