太陽光パネルリサイクル装置専門サイト 【PVまるっと.jp】 » 太陽光パネルのリサイクル問題 » 太陽光パネルはリサイクルできないのか

太陽光パネルはリサイクルできないのか

目次

本記事では、太陽光パネルのリサイクルが難しい理由と、リサイクル装置の選び方を紹介しています。今後急増する廃太陽光パネル問題に備えて、自社でリサイクル装置の導入を検討してみませんか。

太陽光パネルのリサイクルができないと言われる理由とは?

太陽光パネルのリサイクルが難しいと言われる理由

太陽光パネルはリサイクルができないと、破砕して埋め立て処理する企業は少なくありません。ここでは、リサイクルがしづらい理由を紹介します。

1.有害物質が含まれている

太陽光パネルのリサイクルが面倒だと埋め立て処理するケースが多い理由としては、有害物質が含まれている点が挙げられます。製造時にはんだ付けで鉛が使用されており、有害物質の処理に知識を必要とすることから、破砕して埋め立てられるケースは少なくありません。

とはいえ、埋め立てる際にも、周辺の土壌や地下水への影響を考えた管理型の最終処分場に埋め立てる必要があります。埋め立てにコストがかかるため、不法投棄されるケースが後を絶ちません。適切に処理するには、リサイクル業者への委託や、リサイクル装置などの導入が必要です。

2.リサイクルができる業者が少ない

太陽光パネルの廃棄問題が取りざたされるなか、リユースやリサイクルへの関心は高まりつつあります。とはいえ、まだ参入している企業が少なく、限られた設備ではさばき切れないという問題が生じています。

今後2040年にかけて廃棄量が急増すると言われているため、自社で廃棄できる体制を整えておくことが大切です

3.メーカーの規格が統一されていない

太陽光パネルリサイクル装置は各メーカーから販売されていますが、規格が揃っていないという問題があります。国内メーカーであれば、リサイクルできる太陽光パネルかどうかを確認するのは簡単ですが、国外メーカーだと問い合わせに時間がかかる恐れも。

導入を検討している企業は、アフターサポートが充実していて、何かあった時に連絡が取れるメーカーからリサイクル装置を導入することをおすすめします。

太陽光パネルリサイクル装置を導入する企業が増えている

上述したように、今後国内では太陽光パネルの廃棄問題が深刻化し、2040年にかけてリサイクル業者や最終処分場の需要が増し、廃棄が困難になる可能性があります。そこで、2040年問題に備えて、早めにリサイクル装置を導入する企業が増えています。

太陽光パネルリサイクル装置の選び方

リサイクル装置にはアルミ枠を取り外す機能と、ガラスを破砕する機能と2種類の機能があります。アルミ枠取り外し機・ガラス剥離機が一体型になっている装置、分離している装置の特徴を押さえたうえで、自社に有益な装置を導入しましょう。

本サイトでは、太陽光パネルリサイクル装置の選び方を紹介しているので、ぜひリサイクルに興味がある企業は役立ててください。

太陽光パネルリサイクル装置の
選び方・おすすめの製品を見る

太陽光パネルをリサイクルできる
「太陽光パネルリサイクル装置」とは

2030年以降、太陽光パネルの廃棄量増加が見込まれており、太陽光パネルのリサイクルが重要視されています。

そこで、近年導入が進んでいるのが「太陽光パネルリサイクル装置」。これまで分別できなかった、アルミ・ガラス・バックシートを分別し、リサイクルに役立てることが可能です。

このサイトでは、太陽光パネルの廃棄問題からリサイクル装置の選び方までまとめて説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ピックアップ関連記事