太陽光パネルリサイクル装置専門サイト 【PVまるっと.jp】 » 太陽光パネルの廃棄に関する基本情報

太陽光パネルの廃棄に関する基本情報

太陽光パネルの廃棄に関する基本情報をまとめています。廃棄費用や廃棄方法など、排出前に押さえておきたいポイントをまとめました。

固定買取制度が終了し、今後は太陽光パネルの寿命とともに廃棄する事業者が急増すると見られています。特に2034~2036年にかけてピークを迎えると言われているので、早めに排出方法の方針を決めておく必要があります。

これまで廃棄を外注していた企業は、急増にともない外注できなくなるリスクも考えて、自社での設備導入も検討しておくと良いでしょう。耐用年数が終わりに近づき、廃棄を検討している企業は、ぜひ廃棄前にご確認ください。

太陽光パネルの廃棄費用

太陽光パネルを廃棄するには、撤去・運搬・リサイクル・処分費用が発生します。撤去費については、人件費や作業費の相場が10~15万円、足場費用の相場が1㎡で700~1,000円となっています。さらに、撤去後の運搬費用が1.5~5万円ほど発生。処理費用に関しては1枚につき2,000~5,000円程度かかります。地域や業者によっても廃棄費用はバラつきがあるので注意が必要です。

以下では、さらに詳しく処理費用の内訳と、気をつけたいポイントを紹介しています。今後増加する太陽光パネルの廃棄に備えて、自社で廃棄費用の相場は押さえておくことが大切です。

相場を押さえておけば、自社で処理する方が安上りかどうか把握しやすくなります。現在、処理を外注している企業は、自社内での処理も検討してみませんか。

参照元:LIBERAL SOLUTION公式サイト(https://www.liberal-solution.co.jp/column/?id=1616300895-266686

太陽光パネルの廃棄費用
について詳しく見る

太陽光パネルの廃棄方法

太陽光パネルの廃棄方法としては、従来は埋立処分する方法が一般的でした。しかし近年では、大量廃棄時代に突入して最終処分場がひっ迫することを恐れ、リサイクルやリユースを推進する動きが強まっています。循環型社会の構築のためには、リユース・リサイクル・廃棄の順に方法を考慮する必要があります。

リユースができないものに関しては、リサイクルをして、解体部材をできるだけ廃棄しない環境づくりをすることが大切です。リサイクル装置を導入すれば、8~10割の再利用を実現します。

2024年には新法制定に向けて、通常国会に法案が提出される予定となっていることもあり、今後はますますリサイクル事業に参入する企業は増える見通しです。下記では、さらに詳しくリサイクル義務化の動きと、廃棄で気をつけたいポイントをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

太陽光パネルの廃棄方法
について詳しく見る

太陽光パネルをリサイクルできる
「太陽光パネルリサイクル装置」とは

2030年以降、太陽光パネルの廃棄量増加が見込まれており、太陽光パネルのリサイクルが重要視されています。

そこで、近年導入が進んでいるのが「太陽光パネルリサイクル装置」。これまで分別できなかった、アルミ・ガラス・バックシートを分別し、リサイクルに役立てることが可能です。

このサイトでは、太陽光パネルの廃棄問題からリサイクル装置の選び方までまとめて説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事一覧