太陽光パネルリサイクル装置専門サイト 【PVまるっと.jp】 » 太陽光パネルリサイクル装置導入前に知りたいこと

太陽光パネルリサイクル装置導入前に知りたいこと

ここでは、太陽光パネルリサイクル装置を導入する前に、知っておくべき基礎知識を解説しています。リサイクル装置の導入前に押さえておくと、失敗するリスクを低減できます。

太陽光パネルのリサイクルできる素材

太陽光パネルは、フレーム・ガラス・封止材・セル・バックシート・ジャンクションボックスで構成されています。リサイクルする素材としては、ガラス・フレーム・シート・ジャンクションボックスの4つが一般的です。

ここでは、各素材のリサイクル先、リサイクルできる素材を採取する方法についてまとめています。

太陽光パネルのリサイクルできる素材
について詳しく見る

太陽光パネルリサイクル装置の費用

太陽光パネルリサイクル装置の導入費用は、約5,000万円~2億円とメーカーによって違いがあります。リサイクル装置に価格差が生じるのはシステムの複雑さ(技術力)や、採取できる部材の純度などが関係しています。

そこで、リサイクル装置の導入コストを抑える方法と、省スペースで設置ができる装置について紹介しています。

太陽光パネルリサイクル装置の費用について詳しく見る

太陽光パネルリサイクル装置で使える補助金

太陽光パネルリサイクル装置で使える補助金としては、脱炭素社会構築のための資源循環高度化設備導入促進事業・二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金・ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金などがあげられます。

それぞれどのような補助制度なのか、以下のページで詳しく解説しています。

太陽光パネルリサイクル装置で使える補助金について詳しく見る

太陽光パネルの有価物

太陽光パネルの有価物は、バックシート・ガラス・アルミ枠などが挙げられます。ガラスはガラスメーカー等、アルミ枠はスクラップ買取業者などに有価買取してもらえる可能性があるでしょう。

バックシートに関しては銀を含むので、精錬会社に買い取ってもらえます。さらに詳しく各メーカーの太陽光パネルの銀の含有量や、引取り条件について紹介しています。

太陽光パネルの有価物
について詳しく見る

太陽光パネルリサイクル装置のサイズ

太陽光パネルリサイクル装置は分離型・一体型とあり、一体型の方がサイズは大きい傾向にあります。以下に各メーカーの分離型・一体型装置のサイズを紹介しています。リサイクル装置を導入するときは、自社に設置できるサイズを確認したうえで導入を検討しましょう。

太陽光パネルリサイクル装置のサイズ
について詳しく見る

太陽光パネルリサイクル装置の導入事例

太陽光パネルリサイクル装置の導入事例を4つ紹介しています。PVリサイクルハンマーと、ガラスわけーるⅢ型システムを導入している企業の事例を掲載しているので、自社に導入する際の参考にしてください。

太陽光パネルリサイクル装置の導入事例について詳しく見る

太陽光パネルリサイクル装置のメンテンナンス

太陽光パネルリサイクル装置は、頻繁にメンテナンスする方がトラブルを回避できるのでおすすめです。どうしても粉塵や細かな汚れが蓄積しやすいため、トラブルの原因になります。以下にメンテナンスの頻度と、メンテンスが比較的簡単な装置を紹介しています。

太陽光パネルリサイクル装置の
メンテナンスについて詳しく見る

太陽光パネルのリサイクルに使われる剥離方法

太陽光パネルは、フレームやガラス、発電層などの要素で構成されており、リサイクルする際にはそれぞれを分解しなければなりません。発電層とガラスは樹脂で封着されているのですが、これらを剥離する代表的な方法である化学的処理法、熱処理法、機械的剥離法などについて紹介します。

太陽光パネルのリサイクルに
使われる剥離方法について詳しく見る

太陽光パネルをリサイクルするメリット・デメリット

太陽光パネルをリサイクルする場合、どういったメリット・デメリットがあるのかについて理解しておくことが重要です。ほぼすべてリサイクルできる、リユース品として中古販売も可能、不適切な処分が減らせるなどのメリットはありますが、おさえておくべきデメリットもあるので、解説します。

太陽光パネルをリサイクルする
メリット・デメリットについて詳しく見る

太陽光パネルのリサイクルの手順とは

太陽光パネルはできれば廃棄ではなく、リサイクルすることが求められています。処分・リユース・リサイクルから適した方法を選択し、解体・撤去を行います。専門業者による収集・運搬が行われ、適切な形でリサイクルされていく流れが一般的です。全体的な手順について紹介します。

太陽光パネルのリサイクルの
手順とはについて詳しく見る

海外における太陽光パネルリサイクル

日本では今後太陽光発電の廃棄量が増えると見込まれていますが、これは、海外でも同様です。海外の中には日本以上に太陽光パネルのリサイクルに力を入れているところもあります。海外での太陽光パネルのリサイクル事情が気になる方のため、具体的に各国ではどのような取り組みを行っているのかなどについて紹介します。

海外における
太陽光パネルリサイクルについて詳しく見る

太陽光パネルの種類

太陽光パネルには単結晶シリコンや多結晶シリコン、アモルファスシリコンなど、複数の種類があるため、種類に応じたリサイクル装置を選ぶことが大切です。また、太陽光パネルの種類によって特徴やメリット・デメリットがあるため、こちらも考慮した上で太陽光パネルの導入を検討しましょう。

太陽光パネルの種類
について詳しく見る

太陽光パネルリサイクル装置における手動式と自動式の違い

太陽光パネルリサイクル装置には自動式と手動式があり、自動式のほうが素早くパネルからガラスを剥離できます。手動式は手作業でガラスの剥離作業を行うことにより、パネルの状態を目視で確認することが可能です。リユースの予定がある場合は、手動式だとパネルの状態を把握しやすいというメリットがあります。

太陽光パネルリサイクル装置における
手動式と自動式の違いについて詳しく見る

太陽光パネルの回収ソフトウェア

福岡県が開発した太陽光パネルの回収ソフトウェアは、メンテナンス業者や収集運搬業者、リサイクル業者が情報を共有し、効率的にリサイクルを行えるソフトウェアです。「太陽光発電(PV)保守・リサイクル推進協議会」に加入することで利用でき、福岡県以外の県外にある企業の募集も随時行っています。

太陽光パネルの回収ソフトウェア
について詳しく見る

太陽光パネルの水平リサイクル

太陽光パネルのリサイクル技術により、新たな太陽光パネルを制作することが可能となりました。ガラスを割ることなく素材を分別し、それぞれの素材を再利用して太陽光パネルを製造します。複数の企業で水平リサイクルが可能な太陽光パネルリサイクル装置を販売しています。

太陽光パネルの水平リサイクル
について詳しく見る

太陽光パネルをリユースできる条件

太陽光パネルのリユースには条件があり、各条件を満たした製品のみリユースすることができます。動作性や外観などの状態を確認する上で、検査が必要となる場合もあります。リユースできないと判断された太陽光パネルは、各業者によって廃棄やリサイクルに回ります。

太陽光パネルをリユースできる条件
について詳しく見る

太陽光パネルのリサイクルに関する資格や許可

太陽光パネルのリサイクル作業や、収集・運搬においては、資格や許可を取得している人のみが行えるとされています。自社で太陽光パネルのリサイクル装置を導入する場合、必要な資格や許可を取得した上での導入が必要です。対応している資格は複数ありますが、実務経験がなくても取得できる資格もあります。

太陽光パネルのリサイクルに関する
資格や許可について詳しく見る

太陽光パネルリサイクル装置の展示会

太陽光パネルリサイクル装置は、展示会で見ることができます。各地でSDGs関連の展示会が開催される現在、太陽光パネルリサイクル装置が出品されることも珍しくありません。導入すればより環境に優しい方法でパネルを処分・廃棄できるようになり、太陽光発電の意義も増すでしょう。

太陽光パネルリサイクル装置の
展示会について詳しく見る

太陽光パネルリサイクルの地域特性

太陽光パネルリサイクルには地域特性があります。主に東京・岡山・愛媛で中間処理事業者が充実している傾向です。これは太陽光発電に適した地域・適していない地域があることに関係するかもしれません。まだ全国で十分とは言えないため、地方ごとに対策を行っていくことが課題です。

太陽光パネルリサイクルの
地域特性について詳しく見る

折りたたみ式太陽光パネルのリサイクル

折りたたみ式太陽光パネルはコンパクトですが、処分にコストがかかることも少なくありません。メーカーによっては有料で不要パネルの回収も行っていますが、そうでない場合は所有者自身で処分・廃棄を依頼することになります。リサイクル装置を保有する適切な業者にて処分を依頼することが必要です。

折りたたみ式太陽光パネルの
リサイクルについて詳しく見る

太陽光パネルリサイクルに必要なマニフェスト(産業廃棄物管理票)

太陽光パネルをリサイクル装置にて処理する事業を提供するなら、「マニフェスト(産業廃棄物管理票)」を交付しなければなりません。交付は義務化されているため、装置の導入前にマニフェストとはどのようなものか、種類や役割について知っておく必要があります。

太陽光パネルリサイクルに必要な
マニフェスト(産業廃棄物管理票)について詳しく見る

太陽光パネルリサイクル装置の
形状と特徴の違い

「アルミ枠剥離機能」と「ガラス剥離機能」がカギ

太陽光パネルリサイクル装置は、アルミ枠を剥離する「アルミ枠剥離機能」 とガラスとバックシートを剥離する「ガラス剥離機能」が必要です。

太陽光パネルリサイクル装置は、これらの機能が別になっている「分離型」と全て一体 になった「一体型」があり、それぞれ特徴があります。 工場の規模や目的に合わせて選択しましょう。

安さ・省スペースを求めるなら
分離型
分離型イメージ

(※)製品イラストはイメージです。

「アルミ枠剥離装置」と「ガラス剥離装置」の別々に使用する方式。アルミ剥離後にガラスを剥離する際、太陽光パネルを手動で移動させる必要があります。

メリット
  • シンプルな構造のため低価格で導入可能
  • 2つの機能を連携させるパーツがないため、小さいサイズの装置が多い
デメリット
  • パネルを装置間で移動させる必要があり、手間が発生する
  • シンプルな構造のため自動化されている機能が少なく、素材の回収等の手作業が多い
作業の効率化を求めるなら
一体型
一体型イメージ

(※)製品イラストはイメージです。

「アルミ枠剥離機能」と「ガラス剥離機能」が一体になった装置。パネルを持ち運ぶことなく、最終処理まで一貫して行えます。装置により、多少のパネル移動を行う必要があります。

メリット
  • パネルを移動させる手間がなく、最終工程まで処理可能。
  • 作業工数が少ないため、大量処理が容易
デメリット
  • 自動化されている機能が多く複雑な構造のため、費用が高い
  • 装置が比較的大きく、工場の規模によって導入できない場合あり
関連記事一覧